コンテンツへ
ナビゲーションを開く
短時間・高頻度のトレーニング

能力と自信の向上

練習の欠如は、スキルの低下につながる。

研究によると、医療従事者のスキルはトレーニング受講後の3カ月後から低下が始まります。大半の医療従事者は、トレーニングの間隔が頻繁でないとスキルを保持するのに必要な知識、スキルを得ることができません。

CPRコンプライアンス規制によると、医療機関は、能力を確実にし、報告のためのトレーニング記録の照合と確認という時間のかかるプロセスであるプロトコルを順守しなければなりません。さらに、トレーニングのための労働時間のロスは、患者ケアを減少させます。

少しでも十分効果がある

短期間、高頻度のトレーニングは、能力構築のアプローチで、臨床知識、スキルおよび態度を最大限に維持することを促進します。短期間、高頻度のトレーニングは短期間に、稼働中のシミュレーションベースの学習活動で、長期間にわたり、職場における構造化された、現在進行形のセッションを強化します。

短期間、高頻度のトレーニングは、スキルの構築に有効なだけでなく、長期にわたるスキルの維持および、改善に役立ちます。

大きな結果

短時間で高頻度のトレーニングは、蘇生の質の向上(RQI)プログラムの基本です。

ダラスのテキサスヘルスリソースホスピタルでのRQIプログラム実施の2年後、病院では、参加者のほとんどがすべてのコースを終了しました。また、オフサイトトレーニングにより少ない時間でコストを抑えた記録を作成することができました。最も重要なことは、テキサスヘルスは、心停止からの生存率が21%上昇したことです。

98%

コースの終了

$250k

CPRトレーニングコストの削減

21%

生存率の上昇

オーストラリアのカブリニヘルスでは、RQIプログラムを全医療従事者の職場で行いました。すべてのスタッフがトレーニングを終了し、RQIシステムを病棟に設置して1週間、24時間いつでもトレーニングができる環境になるとシフト交代の時に最もトレーニングが行われていました。そのベネフィットを示すデータが示されたRQIの実施により、カブリニヘルスは、病院の公認に「メットウィズメリット」の認定を受けました。

赤ちゃんの呼吸サポート

赤ちゃんの呼吸サポート(HBB)は、低~中間所得国における新生児死亡率を減少させるためにデザインされました。これは根拠に基づくハンズオンプログラムで、人生で最初の数分以内での蘇生の最初のステップを教えるものです。


最初に、タンザニアの農村の病院で1日トレーニングコースを導入し、HBBトレーニング後、多くの医療従事者がシミュレートされた「日常的なケア」および「新生児蘇生」シナリオへの合格者がそれぞれ41%から74%、18%から74%に増加しました。しかし、この知識の向上は、臨床治療には届きませんでした。多くの出生時に吸引または換気を受けた新生児の数は変わりませんでした。HBBトレーニング後、分娩室でのシミュレーションの使用は減少していました。

向上した知識を臨床現場に届けるにはどうすればいいのでしょうか - それはどこで本当にカウントするのか?

この質問に答えるため、フォローアップとして、毎週3分間の実践セッションと40分の月次再トレーニングセッションとしてHBBシミュレーショントレーニングを実施しました。この新しい短時間高頻度のトレーニング方法により、新しい知識およびスキルを臨床現場に届ける良好な効果があっただけでなく、最も重要なのは、新生児死亡率が40%に減少したことにあります。

レーダルがサポートできること

レールダルのソリューションは、短時間高頻度のトレーニングを日常へ統合しサポートするためにデザインされています。四半期ごとに10分間CPRをトレーニングして、スキルを磨くか、新生児蘇生スキルを練習するにしても、短時間高頻度トレーニングは、能力、そして自信の維持を可能にします。

詳細情報を希望します

ご希望の連絡方法を選択してください。