コンテンツへ

私たちのパートナー

LaerdalはAHAと協力し、学生の訓練のために100万台以上ののCPR Anytimeキットの配布、HeartCode電子シミュレーションコースおよび蘇生の質向上(RQI)プログラムを含む、大規模プロジェクトに従事しました。

AAPとの提携により、新生児蘇生プログラム(NRP)、Eラーニングプログラム、そしてHelping Babies Survive教育モデルのスイートに対応するように設計された様々なシミュレータを開発しました。

Jhpiegoは、非営利保健機関であり、ジョンズ・ホプキンス大学と提携しています。Laerdalグローバルヘルスは、開発およびHelping Mothers Surviveプログラムの向上においてJhpiegoをサポートしています。

Laerdalは、数十年にわたりイギリス心臓病支援基金と協働しており、彼らとの関係は2014年に国家救命者イニシアチブに承認されました。この協力は、CPRスキルが学校、職場およびコミュニティを通じて全国で学習され、結果として14万8000台を超えるCall Push RescueミニアンCPRキットが使用されました。LaerdalおよびBHFはその後も継続して共同で、私たちの共通のミッションを達成するためのプログラムと活動を開発しています。

Laerdalは、米国における看護教育用患者シミュレーショントレーニングのためのNLNの戦略的パートナーです。

スタバンゲル教育・研究のための救急医療基金(SAFER)はスタバンゲル大学、スタバンゲル大学病院およびLaerdal Medicalにより2005年に創設されました。2016年だけでも、トレーニング活動は1万2000参加日を超えています。

世界蘇生連盟(GRA)は、急な心停止からの生還を増加させるための強力に焦点を置いた専門家による世界的ネットワークです。参加者は、生存率を50%に向上させることを目標にしています。